下腹ダイエット
下腹ダイエット辞典[HOME] | 下腹ダイエットについて | ぽっこりしてきたお腹 | 朝食バナナダイエット |
下腹ダイエット辞典へようこそ!当サイトでは、下腹ダイエットに関係する用語をいくつか紹介しているサイトです。下腹は年齢とともにぽっこりと出やすく、一度下腹が出てしまうとダイエットが非常に難しいと言われています。ダイエットを始めても他の部分は痩せても下腹だけはダイエットできないことがほとんどです。下腹ダイエットには、一般的に腹筋運動が効果的と言われていますが、呼吸法なども取り入れてダイエットをするとさらに効果があるようです。さらに、食事療法なども取り入れ健康的におこなう方法が最適です。最近ではスーパーモデルも実践している伝統食をダイエットのベースにしたマクロビオティックが人気を集めています。さらに解毒ということでデットクスも人気です。下腹ダイエットは、偏った方法ではなくさまざまな方法を取り入れて健康的におこなうのが効果的です。
スポンサードリンク

肥満の予防と肥満指数

 
肥満を予防すれば、多くの生活習慣病の予防ができます。肥満になりやすい人もいますが、運動と食事に気をつけてできるだけ肥満にならないようにしましょう。肥満の原因は、食事や生活の乱れ、ストレス、遺伝、などがあります。肥満になったからといって、極端な場合を除いて痛む訳でも苦しいわけでもありません。自覚症状がないまま、内蔵脂肪が増えていったり血管内に脂肪が溜まって行き、取り返しのつかない病気になっていってしまいます。
 
 
今、自分自信が肥満かどうかの簡単な計算式があります。BMI値(肥満指数)といいます。これは、体重(kg)÷身長(m)の2乗で出ます。身長はメートルなので、160cmの人なら、1.6を2乗します。このBMI値(肥満指数)の標準は、22.0です。この数字から離れれば離れるほど、病気になる確率が増えます。
 
 
そして、25.0から肥満となります。肥満を治療するには、医師の指示に従ってください。また少しの肥満なら適度な運動や規則正しい生活や食事などで改善されます。しかし、あまりにも不健康な方法や、得体の知れない薬を使うのは良くありません。もっと深刻な病気を呼び込んでしまうことも考えられます。普段から食事や運動に気をつけて、肥満を予防するのが一番です。
 
スポンサードリンク


人気記事
 カバノアナタケ効果とは?
 デトックス
 ファーストフードと肥満
 マクロビオティック
 冷え性
 アルファリポ酸
 植物性乳酸菌
 ガンマGTP
 メタボリックシンドローム
 
行別用語
 あ・か行
 さ行
 た行
 な・は行
 ま・や・ら・わ行
 
運営者情報
 運営者
 LINK
 プライバシーポリシー
 
  
Copyright(c)  下腹ダイエット辞典 2008 All Rights Reserved